2016/12/31


サヨナラ 2016年

12月下旬から入院している妻。職場と病院、実家を行ったり来たりの慌ただしい年末を過ごしている。

2016/10/20


東北出張 / 6

仙台空港から伊丹空港経由で松山へ。窓から見えるプロペラ機のエンジン。

2016/08/20


暮れゆく海

クルマを走らせていて、海沿いの道に出た途端、飛び込んできたこの風景。
比較的道幅が広く交通量も少なかったので、路駐して写真を撮っていると、
同じように後続の何台かが停車し、スマホをかざしていた。

2016/08/11


今治市の「星の浦海浜公園」。近くには1339年にこの辺りに落下した隕石を神として祭る「星神社」も存在する。

2016/07/03


ブログを久しぶりに更新した。それもそのはず、6月に保存した写真はたったの7枚で、記録写真のみ。
8月も忙しくなりそうだから、今月どれだけ撮りためできるか。
梅雨明けは発表されていないが、暑い暑い夏が始まった。

2016/05/14


この「ズマリット」は、絞り開放で盛大にボケるし滲むんだけど、ピントがあっている部分はシャープ。一度オーバーホールしているので、安心感はある。

2016/05/08


よく言われているように、FUJIFILMの「X-TRANS CMOS」センサーの発色はとても素直だと思う。
何より搭載されている「Film Simulation」機能は、かつてリバーサルフィルムで撮影していた時のイメージがズバズバ当たるのでとても扱いやすい。
他のメーカーでは「ノーマル」「ビビッド」「ソフト」「モノクロ」の各モードが、
同社のフィルムの商品名「PROVIA」「Velvia」「ASTIA」「ACROS」と表記されているあたり、かなりのこだわりが感じられる。
今のところ、仕上げたいイメージに合うようにフィルムシミュレーションを選択し、後は露出を加減するだけで、ほぼすべてが満足に撮影できる。

2016/05/06


全く画像処理はしていないけど、滲んでいる。これが「ズマリット」の描写。

2016/05/05


シリアルナンバー143万台、1956年製のレンズ「ズマリット」は、背景がグルグルとボケるのだ。

2016/04/03


ここのところあまり休日がない
そのため「X-Pro2」を持ち出すこともなく、なかなか使いこなせないでいる

2016/03/21

2016/03/20


「久留米とんこつラーメン 松山分校」で会計をする親子が微笑ましい

私にとっての写真とは日常のスナップ
大きすぎたフルサイズセンサーのデジタル一眼レフから
コンパクトな機材(FUJIFILM X-Pro2)への変更を機に、
旧ブログ「affection」からコチラに引っ越します

ちょっとした記録はInstagrumのneo_hirorin_86をご覧ください